しもデンタルクリニック|宜野湾市、中城村、沖縄市、浦添市、西原町で歯周病治療・歯周組織再生治療・インプラント治療歯科をお探しなら、しもデンタルクリニックにおまかせ下さい。〒901-2424 沖縄県中頭郡中城村南上原770-2 ハピネスハイツ102 TEL/FAX 098-895-3318

歯周組織再生療法とは?

  • HOME »
  • 歯周組織再生療法とは?

歯周病によって失われた骨などの歯を支えている組織を回復する治療法です。
失われた組織を回復するために必要な場所(スペース)を作り、失われた組織の再生を誘導する薬剤を骨の欠損部に入れ、骨などの組織を再生させる治療法です。
当医院では再生に必要な細胞を誘導させるエムドゲイン®という薬剤や骨を作るための足場となる骨補填材を使用しています。

※全ての骨欠損に対して再生療法が可能ではなく、お口の中や体の健康状態、そして骨欠損の種類によって再生療法が適応かどうか診断が必要になります。

再生療法の流れ

1、歯周病によって骨が吸収し、深い骨欠損が歯の周りにあります。 2、歯肉を一時的に開いて、歯根や骨欠損部を徹底的にきれいにします。
3、組織誘導薬剤を歯の周りに注入します。 4、歯肉を元に戻し、組織誘導薬剤を歯肉で閉鎖します。

5、半年~1年をかけて骨が再生してきます。

歯周組織再生療法の治療例

 症例1
右下 犬歯 初診時  遠心に10mmに歯周ポケットエムドゲイン療法にて 3mmのポケットに改善

  (初診時レントゲン)     (治療後 5年経過時レントゲン)
  症例2
右下第一大臼歯 (左奥2番目の歯)初診時 歯周ポケット 近心9mmで排膿あり。エムドゲイン療法で4mmのポケットに改善

  (初診時レントゲン)     (治療後 5年経過時レントゲン)
  症例3
右下第一大臼歯 根分岐部病変 (左奥2番目の歯根の間の黒い所で骨が溶けている。) 初診時 頬側中央 歯周ポケット 9mmで排膿あり。
エムドゲイン+骨移植材の併用療法(combination therapy)で3mmに改善

  (初診時レントゲン)     (治療後 5年経過時レントゲン)

                  

症例3はレントゲンでは分かりにくいため術中写真を添付

a
 
頬側中央に歯周ポケット
9mm 
b

歯肉を開くと歯根の間の骨が溶けている。
健康な歯周組織では骨で歯根を覆われている。

c

水平的にも骨が溶けており、プローブが5mm入っている。

d

ムドゲインと骨移植材を骨の欠損部に入れた。

e

再生治療後、半年後の歯肉の状態

f

歯周ポケット9mmから3mmに改善した。

祝祭日
午前診療
(09:00∼13:00)
× × ×
午後診療
(14:30∼18:30)
× 14:00~
17:00
× ×
PAGETOP
〒901-2424 沖縄県中頭郡中城村南上原770-2 ハピネスハイツ102 TEL/FAX 098-895-3318
Copyright © 歯周病専門クリニック | しもデンタルクリニック All Rights Reserved.